Sponsored Link

2008年11月27日

求人募集動向とフリーターの就職事情

現在の求人募集動向と、フリーター就職事情はどうなっているのでしょうか。

総務省が発表した労働力調査によると、34歳までの若年者のアルバイトやフリーターの人数は、減少傾向にある事が報告されているようです。

フリーターの減少傾向は、企業が再び、新規社員や新卒者を積極的に求人募集している動向と関係があります。

これは、景気の回復による事業拡大等によるものです。

高校生の就職内定状況も、企業の業績回復によって、求人募集の増加に即結びつきやすいので回復傾向にあるといいます。


【求人募集動向とフリーターの就職事情】の続きを読む
posted by がんばろん at 22:05 | TrackBack(0) | フリーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

フリーターとニートの就職支援

政府の就職サポートは、フリーターニートに対しては何かあるのでしょう。

アルバイトやフリーターのままでいる、15〜34歳の人数は近年は少なくなりつつあることが、

労働力調査で判明したと、総務省の発表がありました。

近年は景気が回復したことによって、各企業の事業は徐々に拡大傾向にあり、それに伴って新規採用人数も毎年増加傾向にあるようです。


▼ 就職四季報(2009年版) ▼



次項有続きを読む
posted by がんばろん at 22:15 | TrackBack(0) | フリーター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。