Sponsored Link

2011年05月14日

海外勤務と海外現地採用

海外仕事を考える上で、海外勤務と現地採用は異なるものといえます。
海外勤務に従事する人は、工場の生産管理や製造技術以外にもあるようです。

管理職の経験者を採用し、現地法人の立ち上げを任せるという専門的な仕事が多くなってきています。
マネジメント経験者や一般職など、企業が海外の人材として求めている人には色々なものがあります。



参考サイト ⇒ 就職活動、面接突破の心得を知る
参考サイト ⇒ iターン転職で、四季の変化を楽しむゆとりある生活を
参考サイト ⇒ 資格試験の基本情報 いろはのい
参考サイト ⇒ 就活で内定をゲットするためのコツ




↓ 就職を有利にしたいなら集中力を付けることも大事です。
パンチ川村明宏のジニアス記憶術




海外現地採用の場合は、企業のローカライズが進んでいる背景から、年々ニーズが高まりつつあります。
企業によって現地採用者に期待するスキルは異なっており、経営者や管理者、一般職など色々です。

もしも海外での経験を積みたいと考えているならば、現地採用で仕事をすることは願ってもないことです。
採用される際の条件に差が大きいことが、現地採用と海外勤務との問題点として浮上してくることがあります。

海外勤務と現地採用とでは雇用条件にどのような違いがあるかを事前によく調べて、個々の良さをきちんと把握した上で、どのような形での仕事が望ましいかを決めるようにしてください。
語学スキルを活かしたい人を対象とした転職セミナーや、海外勤務のある求人や、現地採用求人の転職相談会などがあります。
海外での転職がうまくいくよう、国際コンサルタントの支援を受けられるところもあります。

最近では、ネット環境が整っていれば海外の仕事について色々な情報収集ができます。
どんな仕事を海外で行うことができるのか、求人情報や企業情報をじっくり研究しましょう。






面接は、最初の10秒で決まってしまいます! これを知って臨むのと、知らないで臨むのでは、雲泥の差となってしまいます。↓

パンチ  6,000人以上を面接した現役面接官が教える、王道の就職活動!これを知らずにテクニックだけを使っても内定はとれません。『納得の就活のススメ』



タグ:海外勤務
posted by がんばろん at 11:15 | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200962230
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。