Sponsored Link

2011年04月10日

人材の確保と中途採用

長いスパンで考えた時に、会社にとってなくてはならない人材になってもらうために採用した人物がすぐ退職してしまうということがあります。
仕事をする職場では良くある話ですが、会社側にとっては相当な時間と費用の損失となります。

どんなにじっくり見極めて採用しても、いったん辞表を提出されたら会社はどうしようもありません。
採用した人が会社に居着くように、会社としても欲しい人材の維持には注意をしています。



参考サイト ⇒ 就職活動、面接突破の心得を知る
参考サイト ⇒ iターン転職で、四季の変化を楽しむゆとりある生活を
参考サイト ⇒ 資格試験の基本情報 いろはのい
参考サイト ⇒ 就活で内定をゲットするためのコツ




面接は、最初の10秒で決まってしまいます! これを知って臨むのと、知らないで臨むのでは、雲泥の差となってしまいます。↓

パンチ  6,000人以上を面接した現役面接官が教える、王道の就職活動!これを知らずにテクニックだけを使っても内定はとれません。『納得の就活のススメ』




★防災用品は、常にチェックして用意万端にしておきましょう!!




不況の影響で人減らしをしなくてはならない時など、残って欲しい人材に限って早い段階で退職してしまい、いらない人材ほど残るということがあります。
なかなか思い通りの人材確保は難しいのが現状のようです。

いったん社員を減らしても、景気が回復すれば今度はどの会社も積極的に採用に動き出します。
転職希望者を採用することは、社員教育を必要とせずにすぐに戦力になってもらえることを意味します。

よりいい待遇で交渉して、ヘッドハンティングをすることもあります。
この頃はネットでの人材登録が可能な就職支援サイトもあり、利用者が増加しているようです。

もちろん採用される側も努力が必要です。
より良い条件の会社に採用される為には、関連する資格を取得したり専門分野でのスキルを高めることが大切です。
企業がどのような人材を求めているのか、自分はどうすればその人材に近づけるかが、採用の鍵です。




タグ:中途採用
posted by がんばろん at 14:02 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/195155450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。