Sponsored Link

2011年04月02日

人材不足と採用の条件

人材不足と企業の採用条件についてです。

求人倍率の低下が大きな問題になっている現在でも、業種によっては人手不足が嘆かれています。
産婦人科や小児科は医師の数が絶対的に足りず、大きな問題になっています。

仕事の内容がきついこと、危険性が高いことなどが理由です。
病院によっては、十分な医師がいないために診療が継続できないところもあります。



参考サイト ⇒ 就職活動、面接突破の心得を知る
参考サイト ⇒ iターン転職で、四季の変化を楽しむゆとりある生活を
参考サイト ⇒ 資格試験の基本情報 いろはのい
参考サイト ⇒ 就活で内定をゲットするためのコツ




面接は、最初の10秒で決まってしまいます! これを知って臨むのと、知らないで臨むのでは、雲泥の差となってしまいます。↓

パンチ  6,000人以上を面接した現役面接官が教える、王道の就職活動!これを知らずにテクニックだけを使っても内定はとれません。『納得の就活のススメ』










病院の人材不足は、地方に行けば行くほどきつくなるようです。
各病院は、医師を確保するための取り組みに余念がありません。

待遇を改善したり、採用後の収入に配慮したりと医師が辞めずに長続きするようにと、病院の方も様々な手を考えているようです。
将来的には、介護や福祉に関する仕事の量が増えて、人材を確保しなければならない状況になるでしょう。

低賃金で仕事の内容はきついという印象があり、求人は出しても応募がないという現状があります。
雇用を熱心に行っている会社もありますが、勤める人が長続きしないという実情もあります。

介護保険等の関係があり、高い給料を払って良い待遇を確保したいものの会社側も思うようにいかず、制度の見直しがなければならないともいいます。
実務経験を含む資格を持っている人材でなければ採用ができないという条件設定もあります。

どんな人でも採用していいということではありませんので、運営に問題がないだけの人材を得るにも難しいようです。





タグ:採用
posted by がんばろん at 13:22 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193788457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。