Sponsored Link

2011年02月26日

採用されやすい人材とは

採用されるためにはどんな人材になるべきでしょう。

大学生が一斉に就職活動を行うと、内定をたくさんもらう人とそうでない人とがいるようです。

学歴には大した違いがなく、同一大学の学生であっても、軒並み不採用の人と採用ばかりの人とがいます。





面接は、最初の10秒で決まってしまいます! これを知って臨むのと、知らないで臨むのでは、雲泥の差となってしまいます。↓

パンチ  6,000人以上を面接した現役面接官が教える、王道の就職活動!これを知らずにテクニックだけを使っても内定はとれません。『納得の就活のススメ』




【平日は即日出荷可】就職活動 バッグ/リクルートバッグ/ レディース/就活 バッグ/ビジネスバッ...





この違いは、どこにあるものなのでしょう。

学業の中身や大学にる学部の扱いにである程度の差は出るのかもしれませんが、それらを差し引いても採用と不採用は個人差がありすぎるようです。

面接で目の前にいる学生と、この先一緒に仕事をしていきたいと思えるかどうかを、会社は常に見ているといえます。

大学時代の勉強態度が良い学生は歓迎されますが、仕事ができるかどうかは別のことです。


企業側としては、採用する学生には大学時代の成績はもとより、社会人として必要な一般常識はあるか、仕事へのモチベーションやコミュニケーション力はあるかという点を見ています。

多方面から人物を見ていますので、書類選考と一次面接では結論が出ず、二次面接、三次面接と面接を重ねるという会社も多いようです。

会社に入社した当時はまだ仕事を任せることはできなくても、数年後は会社を支えて欲しいと新卒者には思っているため、育つ見込みのある学生を採用しようとします。


何人もの学生の中から選び抜いて決めたものの、長続きしないような学生では会社側も損をするだけといえます。

就職活動で無事に採用されるためには、勉強関係も必要ではありますが、人材としてこれから伸びると思える人物像かどうかを磨くことが大事になってくるのではないでしょうか。



参考サイト ⇒ 就職活動、面接突破の心得を知る
参考サイト ⇒ iターン転職で、四季の変化を楽しむゆとりある生活を
参考サイト ⇒ 資格試験の基本情報 いろはのい
参考サイト ⇒ 就活で内定をゲットするためのコツ



タグ:採用
posted by がんばろん at 19:15 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。