Sponsored Link

2010年12月23日

大学生の就職活動と面接

大学生の就職活動で、一番難しいといわれているものの中に面接対策があります。

就職活動用の本やサイトを参照すれば、履歴書対策や筆記試験対策については可能ですので、自学である程度をこなすことができます。

どんな質問が来るかわからない面接というのは、予想が出来ません。

面接のことを考えると誰でも憂鬱でその場になると緊張もします。





面接は、最初の10秒で決まってしまいます! これを知って臨むのと、知らないで臨むのでは、雲泥の差となってしまいます。↓

パンチ  6,000人以上を面接した現役面接官が教える、王道の就職活動!これを知らずにテクニックだけを使っても内定はとれません。『納得の就活のススメ』




↓ 就職を有利にしたいなら集中力を付けることも大事です。
パンチ川村明宏のジニアス記憶術

うまくパスする為には、ある程度の対策と準備が必要になってきます。

面接の前段階として、大学生同士にグループディスカッションの場を設けることで、集団の中でどのような態度でいるかをチェックする会社も存在します。

何人かでグループディスカッションをしてもらうことにより、コミュニケーションをはかりながら自身の考えも表明できるかなどを測る指針となるわけです。


大学生を対象とした面接では、グループディスカッションで高評価だった人だけが面接に行けるということもあります。

グループディスカッションでは、限られた時間で思考をまとめる能力や、日頃から様々なことに興味を持ち、思考を煮詰めておくことが重要です。

そのためには、収集した情報はきちんと分析することです。


エントリーしている企業のホームページはもちろんのこと、企業が掲載されている雑誌や新聞なども細かくチェックしておく必要があります。

面接の二次までいけば、通り一遍の答え方だけでは決め手になりません。

会社の歴史、社長のプロフィール、販売戦略や業界の動向なども踏まえて面接に臨んでください。


試験管に自分を印象づけるためには、企業に関する分析を行い、それについてどう考えているかをアピールできるかどうかです。

大学生が就職活動をうまくやり遂げるには、どれだけ準備をしてきたかも大事です。

準備ができていなかったために面接で何も言えなかったとなってはもったいないことです。

大学生が就職活動を行う時には、どれくらい準備をすることができたかがかなり大事になります。







参考サイト ⇒ 就職活動、面接突破の心得を知る
参考サイト ⇒ iターン転職で、四季の変化を楽しむゆとりある生活を
参考サイト ⇒ 資格試験の基本情報 いろはのい
参考サイト ⇒ 就活で内定をゲットするためのコツ


posted by がんばろん at 13:36 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174626985
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。