Sponsored Link

2010年10月11日

海外勤務と海外現地採用について

海外仕事に就こうと就職活動している人にとって、海外勤務と海外現地採用とではどの様に異なってくるのでしょうか。

海外勤務では、新たに海外で法人を立ち上げる際などに伴う業務や工場管理、生産管理や製造術など専門スキルの高い人がこれに当たります。

マネージャー採用くらいまでが採用時の地位で、会社側のニーズに応じて様々な職種があります。



参考サイト ⇒ 就職活動、面接突破の心得を知る
参考サイト ⇒ iターン転職で、四季の変化を楽しむゆとりある生活を
参考サイト ⇒ 資格試験の基本情報 いろはのい
参考サイト ⇒ 就活で内定をゲットするためのコツ



《《《《《 内定もらえない人、必見 》》》》》
パンチ  6,000人以上を面接した現役面接官が教える、王道の就職活動!
これを知らずにテクニックだけを使っても内定はとれません。『納得の就活のススメ』


各企業が海外に根を下ろした活動をするようになったことによって、海外で有用な人材を現地採用するという風潮も高まっています。

海外現地採用のポジションとしては、クラークレベルから、ミドルクラスやトップレベル迄、幅広い求人があります。

海外でのキャリアアップを志向する人には、ぴったりの仕事といえるでしょう。


海外勤務と現地採用では待遇面での差が見られ、転職後の不満の大きな要因となっています。

今後のキャリアプランを想定しながら、現地採用と海外勤務とどちらがどのような特性があるのかをよく考えてみてください。

海外の仕事を目指す時にはどのような仕事が望ましいかを明確にしたいものです。


海外で仕事をしたい人のための転職説明会や語学力を求められる転職セミナーなどもあります。

海外での転職をサポートしてくれる国際コンサルタントが在籍している人材紹介会社もあります。

海外の仕事を探すための転職活動をする時には、転職サイトや紹介会社、セミナーの情報などを上手に活用していきたいものです。





《《《《《 内定もらえない人、必見 》》》》》
パンチ  6,000人以上を面接した現役面接官が教える、王道の就職活動!
これを知らずにテクニックだけを使っても内定はとれません。『納得の就活のススメ』


タグ:海外
posted by がんばろん at 12:41 | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165345294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。