Sponsored Link

2010年07月10日

福祉の仕事と求人

福祉の仕事と求人の実態はどうなっているのでしょうか。

今の時代は就職難と言われていますが
常に人手が足りない職種や仕事も実はあるといいます。

中でも医療機関にかかわる医師や看護師などの仕事は、
人手不足が社会問題にもなっているほどです。


福祉や看護関係の求人は実際、
介護保険の導入後需要が増えたことにより増加しています。

常に求人情報雑誌や、求人広告、ハローワークなどで、
増えているドラックストアのこともあり薬剤師の求人が増加中です。


求人の中でもホームヘルパーは、パートやアルバイトという形でもあります。

主婦など子育ての終わった人は、
空いた時間に家庭を優先にしながら仕事ができるというのもメリットです。

ケースワーカーや介護福祉士などは、資格が必要な仕事になります。

思われがちなのが、福祉系の大学を卒業しなくてはできないということですが、
実は専門学校や通信教育などで学んで資格をとることも可能です。


企業側も人材確保に力を入れているので、
最近の求人では働きながら資格取得の補助をしてくれるところも見つけることができます。

賃金が安い割には重労働というイメージがあるのが福祉の仕事ですが、
人手が足りないから仕事がきつくなるという悪循環に陥っているのです。


国を挙げて、法改正で賃金を引き上げるなどの人材確保も最近では検討されており、
求人は増加しているそうです。福祉の仕事は、はじめれば人に感謝され、
やりがいのもてる仕事にもなります。

仕事の求人の多い福祉の仕事に、
イメージにとらわれることなく積極的に挑戦してみてはいかがでしょうか。






手(チョキ) 就活 大手総合商社の元人事が教える第一志望内定までの4ステップ【就職活動完全マニュアル】もう面接なんて怖くない!

タグ:福祉
posted by がんばろん at 10:28 | TrackBack(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。