Sponsored Link

2010年07月03日

便利になった求人募集の方法

リクナビという求人情報サイトを、
求人情報誌を発行していたリクルート社が運営しているようです。

ハローワークインターネットサービスという、
登録された求人情報をインターネットで検索できるものが、
ハローワークにはあるそうです。



各企業の自社サイトに掲載された求人募集情報を、
求人募集の登録を受け付けた情報に足して
ロボットで集める、検索エンジン型の無料求人募集サイトも
インターネットで閲覧することが可能です。


100万件、30万件など、
求人募集の情報が大量にデータベース化されて
保有しているところもあるといわれています。

最近では、ライターやデザイナーなどの
専門的なスキルを持っている人専門の
求人募集情報サイトも登場しています。


さまざまな便利な機能が、
求人情報サイトには備わっているようです。

求人募集要項や案件を閲覧できるだけではなく、
自分がどのような能力を持っているのかを
説明した情報を登録する機能を持っている
求人サイトは少なくありません。

今では求人情報を企業側が発信するだけではありません。

求職者側もさまざまな自己PRなどの情報を
発信できる時代なのです。


今までの求人広告は
一方通行の情報伝達に終わっていました。

求人企業と求職者がそれぞれの情報を発信し、
双方の情報を確認できる便利な仕組みが、
インターネットの普及によって出来上がったのです。


相互に情報を発信しているのが、
求人募集をしている企業や団体と
求職活動をしている人だということになります。


インターネットの普及が、
相互の情報発信での求人を
可能にしてといえるのではないでしょうか。







↓いつも、面接でビクビクしている人必見ですよ↓
就活 大手総合商社の元人事が教える第一志望内定までの4ステップ【就職活動完全マニュアル】もう面接なんて怖くない!




タグ:求人募集
posted by がんばろん at 08:59 | TrackBack(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155267420
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。