Sponsored Link

2010年02月02日

中高年の転職のデメリット

転職活動を中高年になってからしようとしても、なかなか希望通りの職にはつきにくいようです。


中高年の方が転職を成功させるためのデメリットの克服方法について調べてみました。


中高年を正社員として採用するという時は、会社は高給でその人を雇うことになってしまいます。


中高年に対しては若い人より高い給料で雇い入れるものだという考え方は、日本人の中に年功序列という考え方が深く根ざしていることに関係しているようです。



高い給与を支払ってでも充分にメリットがあると評価されなければ採用に至らないのです。


採用すれば会社にどのようなメリットをもたらすことが出来るのか自分をアピールする必要があります。


柔軟性が乏しいことも人事担当者が採用時に懸念する点です。


第一線で働いて来た中高年の方の多くは自分の経験だけで物事を判断してしまう傾向があります。










次項有 採用された会社の価値観を受け入れることが難しくなる人も多く、新天地に向かう際は頭を柔らかくして転職活動に勤しむ姿勢が重視されます。


会社があえて中高年を募集するという場合はマネージメント力を期待していることが多いのですが、それを把握できていない場合もあります。


まだ年若い人たちに適切なスキルが身につくように指導し、会社の生産性が増すような人の動かし方をすることがマネージメントですので、それをするスキルがあることを面接などで伝えると効果的です。


中高年は自分を良く見せようとする余り、他の社員に受け入れがたい態度を取るのではないかと見なされたりします。


中高年が採用面接の場に出る時は、硬直した思考を持たず、転職後新たな環境にもすぐに順応できるだけの柔軟さがあることを訴えていきたいものです。






面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!

タグ:中高年 転職
posted by がんばろん at 22:54 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。