Sponsored Link

2010年01月11日

仕事の適性について

適性にあった仕事につきたい、とよく言われます。


自分に仕事は向いているか、ずっと仕事を続けていけるか、仕事をしている人なら誰しも悩みを持っていると思います。


就職前に適性診断を受けておくことで、就職してからの仕事上の悩みを半減させることができるかも知れません。


客観的な視点で自らの仕事の適性を把握できれば、転職活動でも要領良くできるといえるでしょう。


適性診断でよく使われるのはハーマンモデルとEQです。


ハーマンモデルは元GEの能力開発センターの所長であったハーマン氏により開発されたもので、人の利き脳を知る為のテストです。


1人1人の思考スタイルを把握できるだけでなく、組織の性質もチェックでき、どんな考え方をしているかという特性も測れます。


一時期、テレビで利き脳を扱っているドラマがあり、それの影響かバナナブームが起きたことがありました。


思考の特徴やものごとの優先具合を知ると、自己判断に役立ちます。


EQはこころの知能指数と言われており、自己モデルを形成している心内知性と対人知性を合わせた能力の事です。


自分の感情をある程度自分の制御下に置いた上で喜びや意欲といった前向きな感情を上手に引き出すと共に、他人の感情を読み取る力に長けている人がEQの高い人です。


EQの高い人は、身につけたその人個人の能力を十分に発揮し、良好な人間関係を築く事が出来るそうです。


EQが高い人は周囲との協調性も自然と引き出すことができますので、適性をあますところなく発揮して仕事に取り組むことができるといいます。







面接での好感度アップにひらめき美容院が教える髪美人になれる秘訣!



ネットビジネスを始めたいけど、どういう仕組みで、何から始めればよいかわからない。そんな人は、こちらを読んでみてください。無料です。 ⇒ 『引寄せるダイレクトマーケティングで継続的にキャッシュを生む方法』



送料無料!
新春お宝秋冬物福袋ご注文番号最後の2ケタに77が出たら福袋代0円にします! 手(チョキ)



タグ:仕事
posted by がんばろん at 09:15 | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。