Sponsored Link

2009年11月26日

第二新卒の転職事情

景気の回復の兆しがなかなか見えない近年は、新卒者の内定取り消しも珍しくなくなりました。


そんな厳しい中でも、第二新卒として転職をする方も少なくありません。


新卒者の就職活動も苦しくなっている中、第二新卒の転職活動の道も困難なものになっているようです。


第二新卒者の転職志向の1つに他業界や他業種からの転職、いわゆるキャリアチェンジがあります。


とはいえ、会社側としては、即戦力になる経験者を求めているようです。


たとえ第二新卒であってもすぐに第一線で活躍できる人を希望するという企業の意向を汲み、面接や履歴書の作成ではその点を意識する必要があります。


即戦力が欲しいという企業のニーズを理解し、その業種全体の動きや会社の方針をよく調べ、どういった部分を売り込めば会社から評価されるかをよく確認しましょう。


一時期よりも経験不問での求人は減ってきていますので、その上で自分にできる転職活動を探してみてください。


では、第二新卒を積極的に採用している会社の場合、第二新卒者に対してはどう判断しているものでしょう。


今後伸びることを期待して第二新卒を採用する企業は少なくなく、あまり経験は期待していないようです。


基礎的なマナーや常識を一通り身につけており、若さとやる気を兼ね備えている点が評価点のようです。


企業風土になじみやすい点、大きな可能性を秘めている点にも期待を寄せています。


そのため、第二新卒者が転職活動を行う際には、会社が第二新卒に求めている要求を満たせることをアピールするといいでしょう。







面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!








posted by がんばろん at 22:01 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。