Sponsored Link

2009年10月02日

公務員の仕事内容

仕事の内容が人気で、公務員の仕事に就きたいと考えている人は多いようです。


大変人気のある職種でもあります。

では、公務員の仕事とはどういった内容があるのでしょうか。


ひとくくりに公務員と言われていることが多いのですが、その仕事の内容で公務員は大きく2つに分けることができます。


どのような公務を行うかによって国家公務員と地方公務員とがあり、それぞれに特別職と一般職とが存在します。


国務大臣や裁判官、国会の職員や知事、などが特別職と呼ばれています。


そして一般府省の職員や特定独立行政法人の職員など、特別職以外の一切の職業のことを一般職と呼び、特別職と区別をしています。


これらをまとめて公務員と呼んでいるわけですが、これだけでも、実に多くの仕事内容を内包していることがわかります。


公務員の仕事は多岐に渡りますので、一つ一つの仕事も大きく違います。


また、県職員や市町村職員はいずれも地方公務員で、仕事の内容も人によって様々なものがあります。


市町村の役場や県庁に勤務している人を地方公務員といいますが、公立の学校の先生や用務員も地方公務員でしょう。


様々な職業があることからもわかりますが、色々な内容の仕事があります。


公務員と総称されていうことは多いですがその内容は色々あり、仕事も待遇も差が大きいと考えていいでしょう。






面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!



アルバイト探し ⇒ アルバイトをしようよ



公務員試験(秘)裏ワザ大全 手(チョキ)
(国家1種・2種/地方上級・中級)
posted by がんばろん at 22:19 | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。