Sponsored Link

2009年09月01日

企業を理解する転職ノウハウ

転職活動をうまくやり遂げるには、会社側から自分がどのように判断されているかを理解することがノウハウ上では大事です。


採用会社側がどんな視点を持っているか知ることは、自分について会社にどうアピールしていくか決めることに匹敵するくらい大事です。


転職ノウハウで自己分析しアピールポイントをまとめることはよく指摘されますが、その時にも、会社側が採用者に求める能力や適正がどういったものか把握しておくと役に立ちます。


どんな職種の、どのような特色の会社にこれから履歴書を提出するのか、念入りに調べましょう。


まずは応募動機を書く前に企業理念に注目してみましょう。


企業方針や企業思想に共感できるのであれば、それは立派な志望動機になります。


自分の意気込みを伝えたい場合なども、面接や履歴書で企業理念に言及することで相手へのインパクトは変わります。


転職ノウハウとしても、会社がこれからどのような方面に進んでいきたいかをあらかじめ知っておくことは必要です。


また、面接で話を向けられた時などは、今まで自分の行ってきた実績と会社の力を入れていることを組み合わせて話せることができれば、効果倍増です。



新しい会社と今までの会社が仕事の内容的に近い物であれば、過去の実績を生かすこともできます。



企業が中途採用者を募集する場合は、すぐに会社の戦力になる人材を求めることが多いようです。


そのため、自分の保有技術が新しい会社にどう活かせるか提示するといいのではないでしょうか。


転職活動を成功させる秘訣は、自分自身の能力と会社の求める能力に差異が少ないと会社に思わせることです。


採用したい人物像が見える企業の求人に応募するのも成功する転職ノウハウの1つです。







面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!




わずか3秒で面接官の心を掴み、面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!〜箱田式面接術〜

posted by がんばろん at 22:17 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。