Sponsored Link

2009年08月26日

転職の面接で自己PRをする

自己PRを駆使して採用試験面接をこなすことで、転職活動をスムーズに進めることができるでしょう。



面接担当者は、就職希望者の身なりや態度、言葉遣いだけでなく、この人を採用したらどのようなメリットがあるだろうかなど、いろんな事を限られた面接時間の中で確認しようとしています。



面接の場で、転職者が聞かれやすいことは、働き慣れた元の職場を辞して、新規で働ける場所を探しているのはどういった動機によるのかという点です。


これまでの経験や実績、習得したスキルなども質問されるでしょう。


どの話も、一つ一つ順に話していくと冗長になってしまいかねませんので、簡潔を目指してあらかじめ整理しておきましょう。


面接では、与えられた時間内での自由な自己PRを求められることもあります。


抽象的な言い回しでの気持ちや意気込みを言い連ねても、面接担当者に対する自己PRにはならないでしょう。


どのような自己PRをするか目処をつけて置かない限り、面接の場で失敗せずに自分を売り込むことは難しくなるでしょう。


面接時によくあるパターンは、決まった時間を与えられ自己PRしてくださいという場合です。


面接官の心象を考えると、いつまでも手柄顔で自分の過去の実績を語り続けることは失敗につながる場合があります。



5分程度の話をもとめられたら、時間内にきっちりまとめましょう。


決められた時間内、簡潔に要点を絞った自己PRをするというのも、1つの重要な採用基準になります。



面接でどのような事を質問されても対応できるように、自己PRの要点をまとめておく事をおすすめします。







《PR》 面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!



わずか3秒で面接官の心を掴み、面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!
〜箱田式面接術〜
posted by がんばろん at 00:01 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126481501
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。