Sponsored Link

2009年08月23日

転職での自己PRの書き方

転職の際、自己PRを書くとなるとこれまでの仕事内容や実績、スキルを自己PRの1つとしてテーマを決めて記入していく人がほとんどです。


その時に、仕事から獲得した技術や物の見方を自己PR文章に折り込んで転職活動に用いる方もいます。



これまでの経験や技術を自己PR文に入れるだけでなく、その経験や技術は新しい職場でも使えることを示すと、会社側への意思表示になります。


新しい職場ではどういったことに打ち込みたいか、やりたいことは何かといったことを折りこみ、自分のセールスマンとなって自己PRをしましょう。



転職は新卒者とはまた違います。


今までの経験や知識そして、これからの業務に対してどのように思っているかなど、今後の取組姿勢を記入するのも良いでしょう。


自己PRでは、会社に売り込みをかけなければと自身のいいことばかりをピックアップして書き連ねていくことは、逆効果になることもあります。


短所を自分なりに理解して考えをまとめるのも1つの自己PRとなり得ます。


限られた時間で有効に自己PRができるよう、工夫をしましょう。



しっかり内容を絞り込み要点をまとめ、応募動機などを自己PRとして記入してみることも大切です。


転職だからといって事細かく書く必要はないでしょう。


転職前に自己PRをまとめる時には、自分の言葉で自分を表現すること、相手に言いたいことが伝わる文章であることを心がけましょう。








《PR》 面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!
posted by がんばろん at 18:04 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126314307
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。