Sponsored Link

2009年07月05日

日払い仕事のデメリット

日払い仕事をすることは嬉しい点もたくさんありますが、それだけではありません。


どんな欠点があるかを理解した上で、仕事探しをするといいでしょう。


日払いで仕事をする上で最も注意しなければならない点は、福利厚生面が弱いということです。



日払い仕事を副業として利用するのであればまだしも、本業とするのであれば、やはり福利厚生制度は軽視できませんね。


できるだけたくさんの現金が必要だという人は、福利厚生制度によって給料が引かれることは歓迎せざることのようです。


逆に、強制加入となると不都合が生じる方もいらっしゃることでしょう。


交通費は給与として払うのかどうかも会社によって違いますので、仕事をする前に確認しておきましょう。



この他に事前に知っておきたいことには、衣服代や研修時給与などです。


給与の仕組みをきちんとり理解せずに日雇いの仕事をすると、制服のレンタル費用や研修代など、思いも寄らない名目で給与の一部が引かれてしまうという場合があります。

十分に注意してください。


日払いの仕事は、その会社によって報酬の支払い方が違います。


日払いの仕事といいながら給与の振り込みが数日後だったり、振り込みが必要な時は自分から言わなければならないこともあります。


どのような雇用体系になっているのか、日払い仕事の時ほどチェックが必要となります。

















posted by がんばろん at 21:01 | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122871624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。