Sponsored Link

2010年03月28日

就職活動とお礼状

就職活動で会社の説明会や面接を受けるときは、応募書類とともにお礼状を添えます。


就職説明会や面接を受けた後に社会人になる人間として、感謝の気持ちを込めてお礼状を出すと良いでしょう。

実際にお礼状を出すチャンスは、エントリーシートをもらって就職説明会の後に提出するとき、成績証明書を提出するとき、健康診断書を提出するとき、履歴書を提出する時などになるのではないでしょうか。


送られる企業の側から見れば、突然知らない人間から履歴書が送られてきますので、どんな人が何のために送ってきたのかよくわからないでしょう。

詳細でなくても良いので、希望や自己紹介などを一言付け加えることで、どんな理由で送られてきたか納得してもらえます。



本来お礼状を出すのは、どうしても就職説明会や面接を受けた後にお礼を言いたくなって、書面で感謝の気持ちを述べましたなどというのが目的になります。

パソコンでお礼状を書いたり、 E メールで自分の気持ちを伝えることもできますが、お礼状は手書きの方が相手に情熱が伝わりやすくなります。


実際お礼状に書く内容としては、ビジネスレターの形式で、社会人としての常識を見られることも考えて書くと良いでしょう。

お礼状に必要な項目としては、提出年月日、自分の名前、会社名と担当者名があげられます。


当たり前ですが文頭は「拝啓」、文末は「敬具」とし、面接などの感想も一緒に書くとベストです。

貴社、御中、様、などの敬称にも気をつけて書きましょう。


就職のお礼状で最も大切なのは、お礼、感想、入社したい気持ちを自分の言葉で伝えることです。

就職のお礼状においては、感謝の気持ちを自分なりの書き方で表現しましょう。








《参考》

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法


就活 大手総合商社の元人事が教える第一志望内定までの4ステップ【就職活動完全マニュアル】もう面接なんて怖くない!

タグ:就職活動
posted by がんばろん at 11:16 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

就職の選考過程と適性検査について

何段階かの選考の一つとして、就職活動時には適性検査があります。


適性検査の結果を踏まえながら、採用面接やグループディスカッション、書類選考などを経なければ採用には至ることはありません。


選考過程での結果に一貫性がないとなかなか良い結果に結びつきません。

特に人気企業になると応募者だけでも何千人、何万人にもなる為、ほぼ確実に受かりません。


適性検査の結果が聞き手としての能力に秀でていると出たのに、面接やグループディスカッションで聞き手より話し手タイプだった場合です。

直接話した時の印象と適性検査の内容に大きな齟齬がある場合、適性検査の結果が事実と異なるような答え方をわざとしたと思われることもあります。


面談や対面時の印象と適性検査の結果に大幅な違いがある人は、就職試験に不利になることがあります。

適性検査と面接で食い違った人柄になってしまえば、会社としてはどういった人かわかりづらいと思うでしょう。


採用試験の第一段階である書類審査で既に評価が低いという事態になりえるのです。

適性検査の結果やエントリーシートの自己アピールの内容を一致させる事が、書類審査通過の為にはとても重要になります。


倍率の高い大企業で採用されるためには、適性検査、面接、自己PRそれぞれが食い違わないように注意しながら、会社にアピールしたい人物像を提示することです。

一貫性をもつことに気をつけるだけでも、希望の企業の内定をグンと近づけることができるでしょう。


採用試験の対策に、自己分析の一助にと、適性検査は就職活動において必須といってもいいものです。







どんっ(衝撃) 就活 大手総合商社の元人事が教える第一志望内定までの4ステップ【就職活動完全マニュアル】もう面接なんて怖くない!


爆弾 【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法


タグ:適性検査
posted by がんばろん at 21:16 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

就職時の適性検査に関する注意点

回答の仕方次第で、ほとんどの場合不合格になってしまうような適性検査の項目もありますので就職には気をつけましょう。

辻褄の合わない回答や現実的でない回答は、不誠実と思われてしまいます。


ほぼ100%の確率で、就職適性検査以降の選考過程に進めなくなります。

嘘をついたことが全くないかという設問に、仮にイエスと答えたならば、事実と異なる回答をしたと見なされてしまうようです。


嘘をついたことが全くないという人がいるとは、まず思えないためです。

採用試験の一部に適性検査が含まれている場合、初めの段階で受けるというケースが主です。


自身の考えに正直な立場で設問に答えるべき場合もあります。

適性検査を行う会社の多くは、自社の方向性に合う人を採用したいと思っており、職務内容や社内の雰囲気と適合する人材を捜しています。


適性検査を受ける時は、自分の適性がこの会社にあることをアピールするため、仕事の内容や企業が新しく採用する人材に求めていることを良く理解しておきましょう。

総合商社の採用試験の最初に、適性検査があったとします。


総合商社での適性検査で注目されるポイントは、海外での勤務や新たな事業を立ち上げる際に、意欲と好奇心を持って取り組めるかどうかなどです。

適性検査が原因で不採用の憂き目に遭わないようにするには、会社側が必要としている人材をチェックした上で、それを意識して適性検査に嘘のない範囲で答えていくということです。








面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!


就職適性検査の非言語分野がスッキリわかる本(〔2011年度版〕)



posted by がんばろん at 23:41 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

就職の適性検査とは

適性検査は、就職を成功させるためには重要なポイントです。


適性検査でチェックすることは、人間関係や仕事内容全般に関する適性です。

ストレス耐性がどれ位あるのか、気分の浮き沈みが激しい方なのか等について検査されます。


分析力、思考力、交渉力、根気、ものの考え方など、会社で働く上で求められる能力をどれほど持っているかを見極めるというものです。

適性検査の結果によって、その人が入社を希望している会社の社風に合うか、仕事はこなせそうかが判断されます。


適性検査は企業の選考過程の一番最初、就職活動の一番最初にある事が多いようです。

適性検査の結果が思わしくないと、その段階で不採用になってしまうこともありますので、事前に適性検査への準備を行っておくことも就職活動では書かせません。


多くの場合、面接官は適性検査結果と事前に提出したエントリーシートを見ながら面接が行われます。

第一希望の会社の採用試験を受ける前に、できれば4〜5回ほど適性検査を受けておきたいものです。


そして適性検査の結果は自分はどのようになるかを知っておきましょう。

適性検査を受けて、自分がどんな仕事に向いているかを知ることによって、就職活動時の自己アピールも要点を押さえたものになります。


会社によっては、一次審査を適性検査で行っているところもあります。

適性検査とは就職活動の効率化だけでなく、就職試験の事前準備としても最適の検査となっているのです。










★【福袋】【下着】【下着福袋】 【送料無料】
2009年上半期インナージャンルランキング1位獲得...


タグ:適性検査
posted by がんばろん at 22:16 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。