Sponsored Link

2010年02月28日

就職博の活用法

数多くの会社が集まる就職博は、日本一の規模を誇ります。

就職博の参加方法は簡単で、予約の必要がなく服装も自由でかまわないそうです。


自由とはいえ、今後の面接で会うかもしれない人事担当者がいるのですから、スーツなどの服装で参加することをおすすめします。

就職博の会場では、エントリーカードという書類が必要になります。

エントリーカードは就職博会場の受付や各企業を訪問する際に提出する、身分証明書のようなものです。


エントリーカードは、学情ナビの該当サイトから作って事前に印刷しておくこともできます。

ここにはメールアドレスや学校名、名前、住所など必要な情報を書いておくというわけです。


就職博では、新卒採用を考えている企業がどのような人材を求めているのか、会社の方向性はどういうものかをじかに聞くことができます。

要領良く質問をするためには、事前に知りたいことをまとめておくといいでしょう。


就職活動に関する相談ができる場所も設けられているので、就職博では仕事探しについてプロの話を聞くこともできます。

就職博の各ブースでは、人事担当者や社員と直接話すことができます。

落ち着いて話を聞くことができるでしょう。


求人サイトや、その会社のパンフレットやホームページだけではわからないことが就職博で掴むことができます。


就職博では数多くの企業が参加していますので、知らなかった業種や興味のなかった企業と接して自分の本当に合う仕事を見つけ出すこともできます。


就職博を十二分に活用して希望の企業の内定を勝ち取りましょう。





《PR》 面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!


わずか3秒で面接官の心を掴み、面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!〜箱田式面接術〜



タグ:就職博
posted by がんばろん at 11:02 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

就職博のメリット

求職活動で就職博はどんな役に立つでしょう。

情報収集をしたいなら、インターネットのサイトである程度カバーできます。


インターネットが便利な世の中でも就職博が注目されるには大きな理由があります。


事前予約をしてなくても、就職博ではその場で気になった企業の話が聞けます。


入退場は自由であり、入場料金もいらないのが就職博の特徴です。

企業側の担当者と、採用試験や面接を受ける前段階で対話ができることも就職博の利点です。


募集のときに必要な履歴書や職務経歴書を書くとき、あるいは面接時に企業がどんな人材を求めているかということがわからないと、入社試験に合格することができません。


就職博では細かいことを質問することができます。


気になる企業の人事担当者から名刺をもらうチャンスでもあります。


近年ではリストラや会社の倒産などで終身雇用制度が崩れつつあり、就職先が決まればあとは安心とはいきません。


今、納得した会社を見つけて採用されるか否かが、就職活動では重視されています。

そこで就職博に参加することによって、多方面からの情報を1日で効率よく得ることができるというわけです。


就職博に参加している企業は、いずれもその年に新しく人材を採用するつもりがある企業であるといえます。

就職活動の方向性が明確な人だけでなく、希望する企業の業種がまだ絞り込めていないという人でも、就職博で色々な会社と接することで展望が開けることもあります。








アルバイト探し ⇒ アルバイトをしようよ


面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!








posted by がんばろん at 23:26 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

就職博とは

就職情報事業を扱う株式会社学情は、就職博という合同就職説明会を開催しています。

2500社もの企業と新卒者20万人以上が、この毎年開催されている学情の催しに参加しています。


採用試験などを受ける前に人事担当者と言葉を交わすことできますし、サイトや情報誌ではわからない求人事情もわかります。


株式会社学情は合同就職説明会の学情就職博、毎年40万人以上が登録する就職活動のポータルサイトの学情ナビが有名です。


第2新卒と呼ばれる人のための就職サイトのRe就活、学情就職ガイドなども運営している人材業界の老舗です。


日本で初めての就職博、就職合同説明会を開いた会社といわれています。


学情が作っているサイトには新卒者及び転職希望者に就職活動に必要なサポート情報を提供しているところもあり、無料で利用できます。


学情ナビでは就職地や職種からも探せるほか、業種から就職先を探したり、セミナーから探したりすることができます。


就職博は毎年行われている合同説明会で、多くの学生だけでなく多くの会社が参加することで知られています。


就職博には、規模日本一と言われるだけのことはある膨大な数の企業が参加します。


ベンチャー企業や上場企業など、職種も大きさも様々です。


企業はそれぞれブースごとに分かれています。


合同企業説明会やセミナーと異なり、リラックスして企業側の説明を聞くことができます。


就職情報誌や求人サイトだけを見ていたのでは知る機会が永遠にないような情報も、就職博で入手することができるのです。






面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!


アルバイト探し ⇒ アルバイトをしようよ


ネットビジネスを始めたいけど、どういう仕組みで、何から始めればよいかわからない。そんな人は、こちらを読んでみてください。無料です。 ⇒ 『引寄せるダイレクトマーケティングで継続的にキャッシュを生む方法』


タグ:就職博
posted by がんばろん at 23:33 | TrackBack(0) | 就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

ハローワークの求人情報

仕事求人ハローワークで探すにはどうしたら良いのでしょうか。


ハローワークとは公共職業安定所のことで、厚生労働省が所轄する役所の一部です。


地域の総合的雇用サービス機関として、仕事探しのために誰でも無料で利用できます。


少し前までは、ハローワークには行きにくい場所というイメージがあったといいます。


明るい雰囲気に変化した最近のハローワークは、たくさんの人々が利用しているそうです。


大きく分類すると2つあるのがハローワークの業務です。


来た人に求人情報を提供することと、雇用保険の申請を受け付けることになります。


求人情報や仕事探しについてはコンピューターで検索できるだけでなく、ハローワークの窓口で相談することもできます。


今進められているのは、仕事を探している人なら誰でも気軽に利用できる仕組み作りだそうです。


それだけはなく、仕事に必要になる資格や経験などを身につけるための職業訓練の情報や相談も受けてくれるのが、ハローワークという施設です。


単なる求人情報だけではなく、ハローワークの中には履歴書の書き方や模擬面接を開いているところも存在します。


全国市町村にハローワークはたくさんあるそうです。


どんな人にとってもそう遠くない場所にあるのではないでしょうか。


まずハローワークに行ったら、求職票をカウンターなどに置かれているので記入し、求職受付票を担当者から受け取り、準備万端です。


求人情報の中から希望に沿う仕事が見つかったら、窓口に申し出ると担当者が会社に面接のための連絡をしてくれるという仕組みになっています。


会社が人材を必要とする時にはハローワークに求人情報を提出する場合がほとんどなので、たくさんの仕事を探すことが可能になっています。









さわやかなレモングラスの香りが、毎日の洗顔を楽しくします
面接には、爽やかな顔で望みましょう。わーい(嬉しい顔)

anela:★★セット販売★★
天然成分配合 ピーリング石鹸 アネラ マナソープ 100g 泡立ちネット...
posted by がんばろん at 10:29 | TrackBack(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

求人情報の中の気になる仕事

ぜひ積極的に求人情報の中の仕事先で気になるものが見つかったら応募してみましょう。


期間中なら大丈夫と悠長に構えていると、あっという間に選考定員オーバーになってしまいます。


書類選考すら受けられなくなってしまうというケースも想定されます。


条件の良い仕事の求人情報には応募者も殺到しますので、早めのエントリーを心掛けましょう。


電話やメールで求人情報を出している会社に応募をする際に、気になる点が仕事に従事するにあたってある場合には、問い合わせもしておくと良いでしょう。


仕事をする上で必要なスキルや資格などの条件面や、給与や休日などの待遇面やは、確認を応募の段階で取っておくことがトラブルを採用後に避ける為にも不可欠なのです。


質問を仕事に関してするのは、書類選考に通ってからでもかまわないでしょう。


自分で交通費を出してまでせっかく面接に行っても、契約内容が求人情報に記載してある条件と異なるのでは行ってもムダになってしまうでしょう。


しっかりと応募する前に確認するようにしたほうが良いでしょう。


パートと正社員の同時募集を応募した仕事先が行っていて、応募を正社員でしたはずがパートからスタートという条件で契約を結ばれそうになったという場合もあります。


正社員登用有りと求人には記載されてはいるものの、実際は正社員待ちの人数が多すぎて正社員登用はほぼできないということもあるので気をつけましょう。


採用時の相違もいくつかあるので、無用なトラブルを減らす為にも、求人情報で仕事を探す際にはしっかりと情報収集するようにしましょう。






面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!


わずか3秒で面接官の心を掴み、面接合格率を格段にアップさせる『面接力』を手に入れる方法!〜箱田式面接術〜


タグ:求人
posted by がんばろん at 22:12 | TrackBack(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

求人情報で仕事を探す方法について

仕事求人情報で探す際には、仕事情報の豊富さとタイミングが重要となります。


はじめに仕事情報の豊富さについてお話します。


新卒を除くと、大きく分けてインターネットか雑誌の求人情報で仕事を探すことが多いと思われます。


目を通すのがどちらか片方のみの求人情報だけだというのは、非常にもったいないことです。


ネットも雑誌も両方の求人媒体に記載されている仕事情報というのは稀です。


多くの求人情報を、片方にしか目を通さない状況では、見逃しているということになってしまいます。


いかにして効率良く仕事情報を収集するかに、理想に近い仕事先と巡り合うためにはかかっています。


求人情報誌を電車の中などでの空き時間を利用して読んだり、携帯電話に情報を新しい求人情報をいち早く確認する為に転送してもらうサービスを使ったりといった工夫をどんどんしなければなりません。


重要なポイントは、仕事探しのタイミングです。


離職の多い時期や仕事の節目上で企業が新人を受け入れやすい時期と、求人情報が出回りやすい時期はかぶるものです。


業種によっても仕事の求人は若干異なりますので、情報収集をインターネットなどでしてみるのもおすすめです。


日頃からの綿密な準備を積み重ねることが、求職活動に成功するコツです。


しっかりと求人情報を収集して自分にあった仕事を見つけていただきたいものです。






ネットビジネスを始めたいけど、どういう仕組みで、何から始めればよいかわからない。そんな人は、こちらを読んでみてください。無料です。 ⇒ 『引寄せるダイレクトマーケティングで継続的にキャッシュを生む方法』


面接での好感度アップにひらめき
美容院が教える髪美人になれる秘訣!








タグ:求人
posted by がんばろん at 23:50 | TrackBack(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

求人情報で仕事を探す前に

仕事求人情報で自分に合ったものを探す為には、自分が仕事に求めているものをきちんと理解する必要があります。


自分の仕事に対するニーズがはっきりしていないと、これは職種一つ取り上げても言える事ですが、就職のイメージもわいてきません。


理想と現実のギャップに、たとえ就職したとしても挟まれ、仕事を再び求人情報で探す破目になってしまうかもしれません。


自分の適職イメージを、求人情報で仕事を選ぶ前に、予めまとめておくと良いでしょう。


たくさんの仕事の中から、自分に合った仕事や自分の経験や資格を活かせそうな仕事をあげてみましょう。


各種保健はもちろん、将来に向けての資格支援や育児休暇制度などが整っているかなどの福利厚生や待遇にも目を向けてみたりするのも良いでしょう。





病院 希望の会社に無料簡単一括登録!
看護師求人のナーススクエア




次項有 【求人情報で仕事を探す前に】の続きを読む
タグ:仕事 求人
posted by がんばろん at 21:33 | TrackBack(0) | 求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

中高年の転職のデメリット

転職活動を中高年になってからしようとしても、なかなか希望通りの職にはつきにくいようです。


中高年の方が転職を成功させるためのデメリットの克服方法について調べてみました。


中高年を正社員として採用するという時は、会社は高給でその人を雇うことになってしまいます。


中高年に対しては若い人より高い給料で雇い入れるものだという考え方は、日本人の中に年功序列という考え方が深く根ざしていることに関係しているようです。



高い給与を支払ってでも充分にメリットがあると評価されなければ採用に至らないのです。


採用すれば会社にどのようなメリットをもたらすことが出来るのか自分をアピールする必要があります。


柔軟性が乏しいことも人事担当者が採用時に懸念する点です。


第一線で働いて来た中高年の方の多くは自分の経験だけで物事を判断してしまう傾向があります。










次項有 【中高年の転職のデメリット】の続きを読む
タグ:中高年 転職
posted by がんばろん at 22:54 | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。